観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



『MET LIVE』 R. シュトラウス 【ばらの騎士】を観る!
2017年6月11日(日)

今日は、中洲大洋で、 『MET LIVE Viewing』で
R. シュトラウス 【ばらの騎士】を観ました!

深刻な内容のオペラが多い リヒャルト・シュトラウスにしては、
破格の 『ドタバタ喜劇』 女性と男性を巡る三角関係 ・四角関係
と言うか、何とも言い難い、且つ聴いていて『うるさい』オペラ
でしたが、観たことのある筈が、どうも初めて観る?感じでした!

20170611203622e31.jpg
http://www.shochiku.co.jp/met/


私は、このオペラのテーマを完全に勘違いしていました!
と言うのは、元帥夫人と男装の麗人(女性)との同性愛を描いたもの
と思っていたのですが!似て非なるものでした。

その男装の麗人と思っていたのは、劇中では正真正銘の男性として
メゾソプラノ歌手(女性)が配役されていると云うこと。
宝塚の男役みたいに男として配役されているのです。
おまけに劇中でこの青年・オクタヴィアンは女装する場面も!

良く考えてみたら、このオペラは1989年に業界の視察で欧州の劇場を
訪問した際に、おそらくフランスで観たのが初めてだったと思います。
確かドイツ語上演で字幕も無かったので、上記のような『同性愛』誤解が
起こったのだろうと推察しました (笑)
およそ30年も前の『ベルリンの壁』が崩落する頃(帰国直後崩壊)の話し!
それ以来、通しで観たのは無かったかと思います。

今回は、この役(オペラ業界ではズボン役と云う)が持ち役の
エリーナ・ガランチャが扮しています。
まさに、この役にピッタリの男前!(笑)役柄は17歳2ヶ月 の青少年。
ガランチャは偶然にも、この役を初めて演じて以来17年2ヶ月経ったとのこと。
そして、今回でこの役から引退することを決めたと言う。
年齢は不詳だが、アラフォーであることは確か!
しかし、はたち前後の青年には見えるから凄い!

対する元帥夫人は、ルネ・フレミング。 役柄的には32歳とのこと。
要するにオバハンが、若いツバメを弄ぶと言う話!

ルネ・フレミングが、この役を初めて演じて以来20年と云う。
そして、初役の時は役柄相応の年齢だったと言うから、
フレミングの実年齢はアラフィーらしい。

そして、ルネ・フレミングもガランチャと一緒に、今回でこの役柄から
引退すると云う!

そう言う意味では、今回の公演は引退公演とも言え記念すべきものでした!

【ばらの騎士】

出演 : ルネ・フレミング、エリーナ・ガランチャ、
エリン・モーリー、ギュンター・グロイスベック、
マーカス・ブルック、マシュー・ポレンザーニ

『あらすじ』
ハプスブルク王朝下のウィーン。元帥夫人マリー・テレーズは、年下の青年貴族オクタヴィアンと情事を重ねていた。ある朝、逢引の余韻に浸っている夫人の部屋に、従兄のオックス男爵が訪ねてくる。成り上がり貴族の娘ソフィーと婚約したオックスは、婚約のしるしである「銀のばら」を婚約者に届ける青年貴族を紹介してほしいと頼みに来たのだった。ふと、いたずら心を起こした元帥夫人はオクタヴィアンを推薦するが、「銀のばら」の使者としてゾフィーのもとを訪れた彼はゾフィーと恋に落ちてしまい…。




***************

【今日の運動】 

 今日のスポーツクラブ 【ESTA】 での運動は・・・
無し。 ESTA温泉のみ。

 歩数計 : 3,300 歩 


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

ロイヤルバレエ【ジュエルズ】を見る!
2017年6月3日(土)

 中洲大洋に、ロイヤルバレエ【ジュエルズ】を見に来ています!

バランシンの振り付け とのこと。

Introduction

Jewels uses three gem stones as starting points to explore an array of musical and dance styles, each intimately connected to Balanchine’s own life and career.

Background

George Balanchine’s glittering ballet Jewels was inspired by the beauty of the gem stones he saw in the New York store of jewellers Van Cleef & Arpels. He went on to make history with this, the first abstract three-act ballet, first performed in 1967 by New York City Ballet. Jewels was performed in full by The Royal Ballet for the first time in 2007, using costume designs from the original NYCB production and new set designs by Jean-Marc Puissant.

Credits

ChoreographyGeorge BalanchineMusicGabriel Fauré, Igor Stravinsky and Pyotr Il’yich TchaikovskySet designerJean-Marc PuissantCostume designerKarinskaLightingJennifer Tipton
Performed byThe Royal Ballet
Performers

ConductorPavel SorokinEmeralds
Beatriz Stix-BrunellValeri HristovLaura MoreraRyoichi HiranoEmma MaguireHelen CrawfordJames Hay
Rubies
Sarah LambSteven McRaeMelissa Hamilton
Diamonds
Marianela NuñezThiago SoaresClaire CalvertTierney HeapYasmine NaghdiBeatriz Stix-BrunellNicol EdmondsJames HayFernando MontañoValentino Zucchetti
PianoRobert ClarkConcert MasterPeter SchulmeisterOrchestraOrchestra of the Royal Opera House



テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

MET LIVE Viewing 【エフゲニー・オネーギン】 を観る!
2017年5月22日(月)

おとといの土曜日(5/21)のことですが、中洲大洋で MET LIVE Viewing
【エフゲニー・オネーギン】( チャイコフスキー 作曲) を見ました。

三幕5場 の長いオペラでした。

どうやら、通しで見るの初めてのようです。

第三幕への前奏曲は結構有名らしく聴き覚えがありました!

ヒロインのアンナ・ネトレプコは、中年太り気味のソプラノですが
当代随一のディーバの一人。

第一幕では、10代の若い恋する乙女を演じますが、 メイクの勝利か
幼い感じが出ています。

20170522205150dd6.jpg


その無垢な乙女が一目惚れしてしまうのが、エフゲニーオネーギン。

20170522205148b70.jpg


それが第三幕では、紆余曲折を経て上流階級 のマダムとなって登場!
かつての恋する乙女は、今や分別のある中年婦人に!

201705222051500f4.jpg


公式サイト
http://www.shochiku.co.jp/met/program/1617/#program_09

第9作 チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》 
  
上映期間:2017年5月20日(土)~5月26日(金)
指揮:ロビン・ティチアーティ 
演出:デボラ・ワーナー
出演:
アンナ・ネトレプコ(タチヤーナ)、
ペーター・マッテイ(オネーギン)、
アレクセイ・ドルゴフ(レンスキー)、
エレーナ・マクシモワ(オリガ)、
ステファン・コツァン(グレーミン)
MET上演日 2017年4月22日 上映時間:3時間41分(休憩2回)


【あらすじ】
真実の愛に気づいた時、その人はすでに人妻だった…。

「愛のすれ違い」の悲劇をメランコリックな音楽で綴ってすべての人の共感を呼ぶチャイコフスキーの傑作オペラが、声・容姿・演技力すべてを備えたA・ネトレプコ & P・マッテイの夢の共演で実現!19世紀ロシアの情景を再現したD・ワーナーの美しい舞台で、二大スターが散らす恋の火花に、心から目から涙が溢れ出る。

俊英 R・ティチアーティの鮮烈な指揮、フレッシュな実力派揃いの共演陣も期待大。

19世紀のロシア。田園地方の地主の娘タチヤーナは、読書好きのロマンティスト。
活発な妹オリガには、レンスキーという婚約者がいた。レンスキーの友人で社交界の寵児オネーギンを紹介されたタチヤーナは一目で恋に落ち、夜を徹して恋文を書くが冷たくあしらわれる。
田舎で疎外感を抱くオネーギンはレンスキーを挑発して決闘となり、彼を殺めてしまう。
数年後、オネーギンはタチヤーナと再会。公爵に嫁いで社交界の華となった彼女に驚き、心を奪われるが…。




*****************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 は入浴のみ!

 歩数計 : 2,700 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

ロイヤル・バレエ・Live Viewing 【眠れる森の美女】を観る!
2017年5月13日(土)

英国ロイヤル・バレエの【眠れる森の美女】を見に来ています!

20170514002728bfe.jpg


とは言え、イギリスに来ている訳ではなく、中洲大洋映画ですが😄
今週毎日朝10時00分から一日一回だけ上映。

通しで見たのは初めてみたいでした(笑)

リラの精は、全幕出てメインキャラクターと
解説でも言ってたけど。おいしい役どころ!

オーロラ姫は2幕(これが実際には第1幕で、最初のはプロローグ)以降。
王子が出演するのは3幕(同じく第2幕)以降だった(^◇^;)

振付けはプティパのオリジナルを忠実に再現した
70年前のロイヤル・バレエ版とのこと。

20170514002725314.jpg

『第1幕』は、プロローグでオーロラ姫が産まれた祝賀パーティーの場面!
一度幕が下がった後の『第2幕』が「第1幕」で、オーロラ姫は16才の婿とり場面
なので「第1幕」16才の場面で出ていました!

力業のローズ・アダージョが「第1幕」の見せ場だった!
大歓声✌

薔薇の🌹花をもらう🌹シーン❤

プロローグの後の第2幕(本当は、ここが第一幕らしい)
で、花輪の踊りが有るが、【オペラ座の怪人】の劇中劇で
ダンサーが踊るのは、これが元かも知れません。

百年間オーロラ姫と一緒に皆んな眠っていたとか、
初めて知った〜‼️ オーロラ姫だけが眠っていると思ってた。

百年後に王子のキスで目覚めて幕が降りてから
間奏曲があって、その後のエピローグが長かった❗️
婚礼披露宴の場らしい。
ここで、ローザンヌなどで良く演じられる
パ・ド・ドゥが沢山出て来た(笑)

オーロラ姫のプリマ・バレリーナはふくらはぎの筋肉が
凄い盛り上がりで目立ってた(笑う)

201705140027265b8.jpg

やっぱり脚の動きに視線が行ってた。


【キャスト】
オーロラ姫:マリアネラ ヌニェス
王子:ワディム ムンタギロフ
リラの精: クレア カルヴァート
カラボス: クリステン マクナリー

【振付】マリウス・プティパ
【音楽】ピョートル・チャイコフスキー
【指揮】クン・ケセルス

【出演】
マリアネラ・ヌニェス(オーロラ姫)
ワディム・ムンタギロフ(王子)
クレア・カルヴァート(リラの精)
クリステン・マクナリー(カラボス)
【上演時間】3時間25分
ロイヤル・バレエでの初演にあたる1946年の『眠れる森の美女』の上演から70年となる記念碑的作品。あの名作がプリンシパルたちの競演 によって映画館で鮮やかに蘇る!

第二次世界大戦後、ロイヤル・オペラ・ハウスが再開された1946年。オリジナルの楽曲から綿密に作り上げられ、豪華な舞台デザインでマーゴ・フォンティーンがオーロラ姫を魅惑的に演じた『眠れる森の美女』。瞬く間にロイヤル・バレエを代表する演目となり、バレエ団が国際的名声を築くのに貢献した作品となった。

今回はそのロイヤル・バレエでの初演から70年となる記念碑的な上演。邪悪な妖精の呪いによって眠り続ける王女と、彼女を救おうとする王子。チャイコフスキーによる音楽と、マリウス・プティパによる振付がすべての年代の観客に愛され魅了し続けてきた伝統あるバレエ。ロイヤル・バレエが誇るプリンシパルたちが競演するこの不朽の名作を見逃してはならない。



*****************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 は無し!

 歩数計 : 5,600 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




 




テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

MET Live Viewing MOZART 【イドメネオ】を見る!
2017年5月6日(土)

どうやら、このオペラを 見るのは初めてらしい!

Mozart 24才の時の作品と言う。

2回の休憩時間を含み4時間強!

話の内容も複雑に絡み合って理解するのが 難しいものでした。

今日は、日本映画【追憶】公開がもっとも大きい『大洋1』で始まった関係か
通常『大洋1』で上映される MET OPERA が『大洋2』で上映。
そのため、結構座席の占有率が高かった(50~60名ほどの観客)。

中洲大洋公式サイトによる作品紹介


 第1幕の 〈お父様、お兄様、さようなら〉ネイディーン・シエラ(リハーサルより)

MET Live 【Idomeneo】 - Mozart 公式サイト



8.モーツァルト《イドメネオ》 Idomeneo - Mozart

神が要求した生贄は実の息子だった!父子の葛藤に自らを投影したモーツァルト青春の記念碑!
上映期間:2017年5月6日(土)〜5月12日(金)

指揮:ジェイムズ・レヴァイン 
演出:ジャン=ピエール・ポネル
出演:マシュー・ポレンザーニ、アリス・クート、
エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァー、
ネイディーン・シエラ、アラン・オーピー


上映時間:4時間25分(休憩2回)
[ MET上演日 2017年3月25日 ]
言語:イタリア語

国王の帰還を守った海神が要求した代償は、王の息子だった!
王は神との約束を守るのか?王子と流浪の姫との恋のゆくえは?

父との葛藤を抱えたモーツァルトが「自分のことのよう」だと作曲に熱中した青春の記念碑的傑作が、ライブビューイングにやってくる!
METが生んだ世界的スター、M・ポレンザーニの悩める王は必見!
巨匠J・レヴァインの堂々たる指揮、J=P・ポネルの伝統的かつ格調高い演出で、若きモーツァルトの野心作がよみがえる!
トロイア戦争終結後のクレタ島。戦争に出陣した国王イドメネオは、帰路の海で嵐に巻き込まれ、命と引き換えに、上陸して初めて出会った人間を生贄に捧げると海神ネプチューンに約束する。クレタ島に帰り着いたイドメネオが出会ったのは、なんと息子のイダマンテだった。イドメネオはイダマンテを亡命させようとするが、イドメネオの裏切りに激怒した海神は怪物を送り込む。次々と襲う天災に、窮地に立たされたイドメネオは…。




テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

熊川哲也 Kバレエカンパニーの 劇場収録盤 【ラ・バヤデール】を見ました!
2017年4月10日(月)


昨日の朝9時45分から、トリアス久山のユナイテッドシネマ で
上映の熊川哲也&K-バレエカンパニーによる
【ラ・ バヤデール】映画収録盤を見ました。

中村祥子、浅川紫織、遅沢祐介が主役。
女性コールドバレエが24人。
ソリスト級の女性が3人と大所帯。
ローザンヌなどでグランパの一部は
知っていたが、全曲通しは始めて見た!
第一幕でバヤデールは死に、
第二幕は、夢想の中の話し。
第二幕の最初に24人が、オペラ座の怪人
みたいな斜路を順番に全く同じ振付けで出てくる。
斜路の上で、ゆっくりと脚を後方に上げて行く
力技を、先頭のバレリーナは、おそらく50回位は
繰り返し、且つ全員揃えると云う凄技!
プティパの元振付けで熊川哲也さんの再振付けとのこと。

公式サイトより

K-BALLET COMPANY『ラ・バヤデール』in Cinema
全国36ヶ所にて上映  ★4/8(土)初日舞台挨拶開催!

美しき舞姫と戦士の恋物語
バレエ界に更なる伝説を刻んだスペクタクル超大作 『ラ・バヤデール』を映画館の大スクリーンで!
ユナイテッド・シネマ、シネプレックス、YEBISU GARDEN CINEMA全国36劇場にて上映

【芸術監督】熊川哲也
【キャスト】中村祥子、遅沢佑介、浅川紫織、スチュアート・キャシディ、井澤諒ほか
【上映期間】 2017年4月8日(土)~4月21日(金)
【料金】全席指定¥2,500-税込(前売¥2,200-税込)

★前売券はローソンチケットで2017年2月11日(土)より発売! ※舞台挨拶回の発売は2月18日(土)となります。
Lコード:91840
★オリジナルクリアファイル特典付き(各劇場にて先着順) ※数に限りがございます。
本編【上映時間】122分




テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

記録映画【ミルピエ~パリ・オペラ座に挑んだ男~】を 見る!
2017年3月19日(日)

昨日、 MET LIVE 【ルサルカ】を見た後、
同じ中洲大洋で、
【ミルピエ~パリ・オペラ座に挑んだ男~】
を 見ました。 (03/31上映終了予定)

20170318191640db5.jpg

若くしてパリ・オペラ座の芸術監督になった ミルピエ が
新作を創作して行く過程を描いたドキュメンタリー映画でした。

新作は、作曲から新しく現代の若手作曲家に依頼し、
それを元に、振り付けて行くと云う画期的な取り組み。

バレエダンサーも パリ・オペラ座バレエ団でエトワールなどの
上位に居る人々では無く、実力と意欲あおあいて眼力(やる気)で
数百人の中から16人を選出します。

映画内での彼の言葉
「エトワールが全てではない
他にも光り輝くダンサーが居る」
に象徴的に現れています!

パリ・オペラ座バレエ団は、階級制度と昇進試験が徹底されていて
ダンサーたちが少しも楽しめていないことを知ったミルピエは、
階級制度にこだわらない人選をします。

また、舞台に出演できるのは、21世紀 に至っても白人系だけという
(2015年・新作を創作当時)アメリカでは考えられない人種差別を
公然と行なっていたことにも驚きます。

そして、この新作の出演者に選ばれた16人には、黒人系ハーフも含む
実力と稽古に励む男女8組でした。

ミルピエは、芸術監督とは言っても、元々バレエ・ダンサー出身
らしく、この新しい演目に自ら振り付けをして行きます。

様々な困難にあいながらも創作と振り付けに邁進する様子を
プレミエ公演までドキュメンタリーとして描いて行きます。

バレエに関心の無い方々が 見るには少し退屈な映画かもしれません。

私は、興味深く見ましたが、それでも何度か ウトウトとしてました。

【概要】

監督 : ティエリー・デメジエール/アルバン・トゥルレー
出演 : バンジャマン・ミルピエ、レオノール・ボラック、ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン、アクセル・イーボ、エレオノール・ゲリノー、レティツィア・ガローニ、マリオン・バルボー、オーレリー・デュポンほか

長年に渡り世界最高峰の芸術を提供し続けてきたバレエの殿堂“パリ・オペラ座”。
20年近く芸術監督を務めたブリジット・ルフェーブルの退任後、ニコラ・ル・リッシュ、マニュエル・ルグリら錚々たる有力候補を押しのけ、史上最年少で芸術監督に大抜擢されたのは、映画『ブラック・スワン』の振付師であり、女優ナタリー・ポートマンの夫として知られるバンジャマン・ミルピエだった。

本作はミルピエが芸術監督として手掛ける新作「クリア、ラウド、ブライト、フォワード」完成までの40日間に密着し、公式プロデュース作品でしか成しえないオペラ座の貴重なバックステージを、スタイリッシュかつ圧巻の映像美で描いていく。
階級制度を否定し、エトワールではなく若手ダンサー達からメンバーを選抜、長い歴史の中で初めて黒人ハーフダンサーを主役に抜擢するなど、伝統ある名門に大胆な変化をもたらしていくミルピエだったが、彼の異端ともいえる挑戦は周囲との軋轢を生み、さらにダンサーの怪我、ストライキや衣装の不具合など次々にトラブルが襲い掛かる。果たして公演は無事に初日を迎えられるのだろうか?


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

MET OPERA【ルサルカ】を見る!
2017年3月18日(土)

今日は、中洲大洋でMET Live Viewing
ドヴォルザークのオペラ 【RUSALKA】 を見ました。

20170318144702b98.jpg
水の精霊として、人間になって王子と生きたいと月に願う
オペラ【ルサルカ】で、 最も有名なアリア 『月によす』

20170318144704018.jpg
人間になって王子のもとに行くと別の婚約者 の王女が居て

20170318144704f5b.jpg
最終盤 王子の懇願で口づけによって死に至る
(画像は公式サイトより)

「ルサルカ」あらすじ

出演 : クリスティーヌ・オポライス、 ブランドン・ジョヴァノヴィッチ、ジェイミー・バートン、カタリーナ・ダライマン、エリック・オーウェンズ

森の奥の湖のほとり。狩りにやってきた王子に恋した水の精の娘ルサルカは、魔女イェジババに頼んで人間の姿に変えてもらうが、代償に声を失う。美しいルサルカに心を奪われた王子は、彼女を連れ帰って結婚を申し込むが、口をきけないルサルカに次第に飽き始める。結婚式の当日、客として現れた外国の王女が王子を誘惑。悲しむルサルカは湖に帰る。水の精に戻るためには王子の命を奪わなければならないと魔女に告げられたルサルカは…。


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

映画【マイヤ・プリセツカヤ】を見ました!

2017年3月17日(金)

 映画【マイヤ・プリセツカヤ】を見る会に参加。

 中央市民センター 第3会議室という小さな会場で
参加者4人のこじんまりした鑑賞会。


 マイヤ・プリセツカヤと言えばサン・サーンスの
『動物の謝肉祭』の【白鳥】に振り付けした『瀕死の白鳥』が
取分け有名ですが、この映画で多彩な演目を踊る
マイヤ・プリセツカヤを初めて目にしました!

 凄く速い回転が印象的でした。

 映画の制作は、ソ連時代最終盤の1988年頃のロシアで、
映画の最後にマイヤ・プリセツカヤは63年に亘り
バレエを演じ続けている、とのナレーションが入ります。

 しかし、この映画に使われている映像は、すべてモノクロで
若かった頃のものでした!


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

英国ロイヤルオペラ Viewing 【ホフマン物語】 を観る!
2017年1月30日(月)

 きのうの朝10時から、中洲大洋で
英国ロイヤルオペラ Viewing
【ホフマン物語】 を観ました!

 ホフマンを主人公に三話のオムニバス形式の3幕に
プロローグとエピローグとが付いた 5幕ものオペラ!
 
 2回の休憩を含んで、上映時間4時間超!



 公式サイトでの作品紹介から 

ホフマン物語
【原題】 LES CONTES D’HOFFMANN

【作曲】ジャック・オッフェンバック
【演出】ジョン・シュレシンジャー
【指揮】エヴェリーノ・ピド

【出演】
ホフマン:ヴィットリオ・グリゴーロ
4人の悪党:トーマス・ハンプソン
オランピア:ソフィア・フォミーナ
ジュリエッタ:クリスティン・ライス
アントニア:ソーニャ・ヨンチェヴァ

【上演時間】4時間16分(休憩時間約30分)

【概要】
アカデミー監督賞を受賞した『真夜中のカーボーイ』などで知られるジョン・シュレシンジャーによる豪華な演出!幻想的なオペラに心を奪われる。

フランスの作曲家ジャック・オッフェンバックによるドラマティックなオペラ「ホフマン物語」。ドイツの小説家E.T.A.ホフマンが書いた小説がもとになり、戯曲を経てオペラ化された。

ロイヤル・オペラでの上演は、映画監督としても知られ『真夜中のカーボーイ』でアカデミー監督賞を受賞したジョン・シュレシンジャーによる演出版。ホフマンの幻想的な世界に観客を誘い込む。

【あらすじ】
 詩人のホフマンは、歌姫ステラとの恋敵であるリンドルフにそそのかされ、
過去に愛した3人の女たち、
機械仕掛けの人形オランピア、
高級売春婦のジュリエッタ、
歌手のアントニア
との思い出を語りだす。
それぞれの愛は、奇妙なほどリンドルフに似た悪党たちによって破滅への道をたどっていった――。



*****************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 に行ってみたら、月末休業日だった (-_-;) !

 歩数計 : 4,500 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

MET - Live Viewing で 現代オペラ 【遥かなる愛】 を見ました !
2017年1月23日(月)

 先日の土曜日(11/21) 中洲大洋で、MET - Live Viewing
 現代オペラ 【遥かなる愛】 (原題:L'Amour de Loin) 
 (カイヤ・サーリアホ 作曲) を見ました !

LAmour de Loin-img_1


 演出は、舞台に対して横方向に段々上に引かれたLEDランプの帯を
さまざまに光らせて、海の波面などを表す方法。
太陽サーカス(Cirque de Soleil)の演出を手掛けているR・ルパージュが演出。

 比較的安上がりに効果を上げる演出のようです。


 登場人物は3名プラス合唱団。  合唱団はスキマから顔を出す感じ 

LAmour de Loin-img_4


 音楽は、それほど解らない嫌らしい『現代音楽的』なものではなく、
聴き易い音楽でしたが、何か無限循環音楽のようで、眠気を度々誘引。

 ストーリーもイマイチ不明。

LAmour de Loin-img_6

 全く会ったことの無い男・女の間を巡礼者がメッセンジャーのように
時空を超えて? 取り持つと云う感じ。

 男は吟遊詩人。 女は女伯爵。 巡礼者は歌手は女性だが中性的位置づけか?

LAmour de Loin-img_9


 中入りでは、この歌手3名、台本作家、作曲者(女性)、指揮者(女性)が
入れ替わり立ち代わり インタビューに応じると云う 謂わば豪華版!
 インタビューは英語。

 演目は、フランス語上演でした。




   【遥かなる愛】 公式サイトによる解説 

【遥かなる愛】 (原題:L'Amour de Loin)

指揮:スザンナ・マルッキ 演出:ロベール・ルパージュ
出演:スザンナ・フィリップス、エリック・オーウェンズ、タマラ・マムフォード
上映時間:2時間51分(休憩1回)[ MET上演日 2016年12月10日 ]
言語:フランス語 

 理想の女性に、真実の「愛」に出逢うため、遥かなる海を渡る騎士歌人!
 21世紀を代表する女流作曲家K・サーリアホによる、「愛」の極限を追求して数々の賞に輝く現代屈指の名作オペラが、話題のMET初演!
 「シルク・ドゥ・ソレイユ」で世界的な人気を博するR・ルパージュが演出する、約5万個のLEDライトが輝く「海」は圧巻!
 新世代の歌姫S・フィリップスとベテランの巧さが光るE・オーウェンズの主役カップルも強力だ。

【あらすじ】
 12世紀のフランス。
 ブライユの領主で騎士歌人(トルバドゥール)のジョフレは、享楽的な生活に飽き、理想の女性を求めていた。
そこへ現れた巡礼の旅人から、トリポリの女伯爵クレマンスこそ自分が求める女性だと知り、憧れをつのらせる。
クレマンスもまた巡礼の旅人から受け取ったジョフレの詩を読み、まだ見ぬ彼に恋心を抱いていた。
 ついにジョフレは、海を渡ってクレマンスに会いに行くことを決意するが、トリポリに近づくにつれて不安がつのり、心身をさいなみ始める。
 トリポリに上陸した時、ジョフレは病に冒されていた…。 


 


*****************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動は無し
 エスタ温泉に入浴のみ (-_-;)

 歩数計 : 1,400 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  

 
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

バレエ・ドキュメンタリー映画 【ホライゾン】を見ました!
2017年1月21日(土)

今日の午後、中洲大洋で今日から上映が始まった
バレエ・ドキュメンタリー映画 【ホライゾン】を見ました。

2017012118511572c.jpg

最初は、【ブラック・スワン】のようなバレエ界を舞台にした
ドラマだと思っていたのですが、ドキュメンタリー映画でした。

1940年代に活躍し、95歳になる今も 後進の指導を続けている
キューバのバレリーナ アリシア・アロンソと次世代の
アリシア・アロンソ目指す二つの世代のバレリーナの挑戦を描く
映画でした。
一つ目の世代のヴィエングセイ・ヴァルデスは、既に20年以上活躍していて
その次の世代のアマンダ・ペレス は、見た感じ中学生くらいでした。

映画冒頭から、【白鳥の湖】の黒鳥のフェッテが出てきていました。

バレエ に憧憬のある方以外には、退屈かも知れません!

観客5人程でした!



ドキュメンタリー映画 【ホライゾン】

監督 : アイリーン・ホーファー
出演 : アリシア・アロンソ、ヴィエングセイ・ヴァルデス、アマンダ・ペレス

視力を失いながらも踊り続け、バレエ界で最高位の“プリマ・バレリーナ・アッソルータ”の称号を得た伝説のバレリーナ、アリシア・アロンソ。
90歳を過ぎた今も、世界的なダンサーを次々と輩出するキューバ国立バレエ団の芸術監督として情熱的に指導を続ける彼女と、その背中を追いかけるダンサーたち。
困難を乗り越えて挑戦を続け、キューバを象徴する存在となった一人の女性の驚くべき人生を、貴重な記録映像を交えて紹介し、オールド・ハバナのノスタルジックな街並みを背景に、彼女が地平を押し広げ、類い稀な発展を遂げたキューバのバレエの“今”を捉えた、詩情あふれるドキュメンタリー。
©2016 T&K TELEFILM Inc. all photos (c)INTERMEZZO FILMS 2015



*****************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動は無し
 エスタ温泉に入浴のみ (-_-;)

 歩数計 : 3,100 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  

 
テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画

【ニューイヤー・オペラコンサート 2017】 で 森麻季さんが超絶技巧の絶唱
2017年1月4日(水)

 昨日のNHK- ETV【ニューイヤー・オペラコンサート】で
森麻季さんがヘンデルのオペラ『ジュリアス・シーザー』から
クレオパトラに成りきって超絶技巧のアリアを5分間に亘り絶唱!




















 まさに凄い超絶技巧の歌唱力と美しさでした。

 録画の画質が悪いので、その美しさは充分には伝わりませんが・・・

 【ニューイヤー・オペラコンサート 2017】
 再放送予定:NHK-ETV 1月14日(土) 15:00 ~ 17:00




*****************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動は無し
 エスタ温泉に入浴のみ (-_-;)

 歩数計 : 3,300 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  





テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

映画 【ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿】を見ました!
2016年12月25日(日・Christmas )

今日は、中洲大洋で昨日から公開が始まった ドキュメンタリー映画

【ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿】を見ました!

往年の指揮者や歌手やバレエダンサーや運営側の人々が当時の写真や記録映像を
交えて登場し 、スカラ座についての熱い想いを語り継ぎました。

映画の 一部では、18世紀の人々を俳優が演じて当時の状況を再現ドラマ にして
紹介していて解り易く伝えていました。

ポスターやチラシでは、マリア・カラスが前面に出ていますが!登場シーンは少なかった。

指揮者では、現在も現役で活躍しているダニエル ・バレンボイムさんが、
多くを語っていました。

有名なアーティストの往年の名演が短いながらも次々に見られる処が美味しい映画です。

指揮者のダニエル・バレンボイムさん
201612251532522b0.jpg


ダニエル・バレンボイムさんの指揮で ベルディの「レクイエム」を歌う
ヨナス・カウフマンさん(左) と ルネ・パーぺさん20161225153250422.jpg


バレエダンサーとスカラ座の客席
20161225153249850.jpg


ヘルベルト・フォン・カラヤンさん(右)
20161225153251b18.jpg

マリア・カラスさん
20161225153254d30.jpg


Movie Walker などによる作品情報

240年に及ぶ歴史を誇り、イタリア・オペラの代名詞的存在として輝き続けるミラノ・スカラ座の全貌を紐解くドキュメンタリー。歴史的建造物としての側面からルキノ・ヴィスコンティら著名人たちとの結びつきまで、“芸術の殿堂”のすべてが明らかになる。「グレート・ビューティー/追憶のローマ」の撮影監督ルカ・ビガッツィが撮影を担当している。

タイトル ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿
原題 :
TEATRO ALLA SCALA IL TEMPIO DELLE MERAVIGLIE
(英語表記)TEATRO ALLA SCALA: THE TEMPLE OF WONDERS

製作年度 2015年
上映時間 102分
製作国 イタリア
ジャンル ドキュメンタリー
監督 ルカ・ルチーニ

【概要】
240年もの歴史に彩られたイタリア・オペラの最高峰とされる歌劇場“ミラノ・スカラ座”。ジュゼッペ・ヴェルディ、アルトゥーロ・トスカニーニ、ルキノ・ヴィスコンティといった数々の偉人たちと密接に結びついた伝説は長年受け継がれ、今日に至るまで神聖さを保ち続けている。1950年代には、ヴィスコンティ演出による『椿姫』が劇場に記録的収益をもたらし、スカラ座屈指のスター、マリア・カラスが生まれ、全盛期を迎える。さらにその魅力はオペラ発表の場に留まらない。数多くの人気ダンサーを生み出すバレエ団、バレエ学校を併設するほか、管弦楽団や合唱団の公演も行われ、まさしく“芸術の殿堂”としての名声を欲しいままにしている。本作では、ダンサーたちの練習風景や準備に追われるスタッフの様子から、歴史的な建物の内外、歌劇場の構造設備までを鮮明な映像で紹介。さらにリッカルド・ムーティ、プラシド・ドミンゴ、ロベルト・ボッレなど、スカラ座と縁の深い著名人のインタビューや貴重なアーカイブ映像を収録。観客は、今なお生々しく新たな芸術を育むオペラハウスの現在から過去を目にして、時空を超えた歴史の旅へと誘われていく。スカラ座の指揮者で総監督のダニエル・バレンボイムに“この劇場は生きている”と言わしめるスカラ座のすべて。オペラ初心者にとっても格好の歌劇&歌劇場ガイダンスであり、同時に誠実な創造の記録となっている。

【主な証言者】
ダニエル・バレンボイム
プラシド・ドミンゴ
ロベルト・ボッレ
アレッサンドラ・フェリ
ミレッラ・フレーニ
ライナ・カバイヴァンスカ
カルラ・フラッチ
レオ・ヌッチ
ステファン・リスネ
アレクサンダー・ペレイラ
フィオレンツァ・コッソット
ルチアーナ・サヴィニャーノ
フランチェスコ・マリア・コロンボ
マリオ・ボッタ
マリア・ディ・フレーダ
マリア・カラス
ルキノ・ヴィスコンティ
ルチアーノ・パヴァロティ
アルトゥーロ・トスカニーニ
ルドルフ・ヌレエフ
ヘルベルト・フォン・カラヤン
ホセ・カレーラス
リッカルド・ムーティ
クラウディオ・アバド
リッカルド・シャイー
ガブリエーレ・スコッティ




*****************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 は、入浴のみ!
 

 歩数計 : 5,200 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

英国ロイヤルオペラ映画【ノルマ】を見る!
2016年12月17日(土)

 今日は、中洲大洋で英国ロイヤルオペラのLiveViewing
【ノルマ】(映画版)を見ました!

 ノルマは女神官なのに美男子に一目惚れし、二児をもうけるも
その美男子の軍人は、ノルマの部下の若い巫(みこ)に走りノルマを棄てる
と言うオペラでは定番の三角関係。

 女の怨念の深さを描く悲劇的オペラでした。



     観客は十数人の淋しさ!



 昼御飯は、いつものように、利花苑のランチ。
    今日は、プルコギ(焼き肉)ランチにしました。




 こちらは、来週上映予定の 【ミラノ・スカラ座】のポスター






*****************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 は、入浴のみ!
 
 歩数計 : 3,200 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************






テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【MET - Live Viewing】 に対抗して? 【ボリショイ・バレエ inシネマ】
2016年12月6日(火)

 こちらは、メールマガジンで寄せられた宣伝です。

【ボリショイ・バレエ inシネマ Season2015-2016】

 【MET - Live Viewing】 が、一日1回ではあるけれども 1週間連続上映
 に対して、こちらは1日限定1回のみの上映! 希少価値を狙ったか?

ボリショイ・バレエ団のステージを
「ボリショイ・バレエ inシネマ Season2015-2016」
と題し全5作品それぞれ1日限定配信上映!
臨場感溢れた舞台、そしてバックステージ独占映像と幕間のインタビューもお届け!
次回:2016年12月14日(水)19:30 開演
 P.チャイコフスキー作曲【くるみ割り人形 / The Nutcracker】
http://bolshoi-cinema.jp/
福岡県 T・ジョイ博多 092-413-5333
全席指定:3000円



Nutcracker.jpg


*******************

【くるみ割り人形 / The Nutcracker】
音楽/ピョートル・チャイコフスキー
振付・台本/ユーリー・グリゴロ―ヴィチ
原作/E.TA.ホフマン、マリウス・プティパ

【キャスト】
くるみ割り人形王子:デニス・ロヂキン
マリー:アンナ・ニクーリナ
ドロッセルマイヤー:アンドレイ・メルクーリエフ
ねずみの王様:ヴィタリー・ビクティミロフ
クリスマス・イヴ。マリーのくるみ割り人形は美しい王子に変身し、マリーを不思議な旅に誘う。しかし二人は旅立つ前にマリーを襲うねずみの軍隊と戦わなければならない。幼いマリーとくるみ割り人形の王子が奏でる魅惑的なおとぎばなし。ロシアの誇るバレエの巨匠ユーリー・グリゴローヴィチが演出しボリショイのプリンシパルが踊るクリスマスの定番作品は、子どもも大人もすべての人々を魔法の世界へ誘う。
2014年12月収録。 




*****************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 は、
 ESTA温泉入浴のみ!
 

 歩数計 : 5,400 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************





テーマ:洋画 - ジャンル:映画

IMS X-mas イベントで 【K-Ballet School Fukuoka】 のパフォーマンス!
2016年12月5日(月)

 きのうの夕方、IMSを通り掛かったら、地下2階のイベントスペースに
何やら人だかりが・・・

 どうやら 【IMS X-mas イベント】 で様々な団体が発表会をしているらしい。

 看板を見てみると、15分後位に、熊川哲也氏が主宰する
【K-Ballet School Fukuoka】
のパフォーマンスが行われるらしい。

K-Ballet-School-73.jpg


 予定時刻に成る前に、エレベータ前の大型ディスプレイで
【K-Ballet School Fukuoka】の沿革を説明し生徒募集!

 パフォーマンスは最年少4歳から8歳の子どもたちの日頃の稽古の
様子を示す発表会から始まった。

K-Ballet-School-47.jpg


 次に少し上の世代・・・と紹介され、メインイベントは福岡スクール
最高クラスに所属する二人による 【白鳥の湖】 のバ・ド・ドゥ から

K-Ballet-School-49.jpg

K-Ballet-School-51.jpg

K-Ballet-School-54.jpg


 そして、他の年齢層の生徒も同じ演目から他の場面を・・・

K-Ballet-School-60.jpg

K-Ballet-School-62.jpg

K-Ballet-School-67.jpg

K-Ballet-School-68.jpg

 およそ40分間程のパフォーマンスでした。

*****************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 は、
 ESTA温泉入浴のみ!
 

 歩数計 : 3,300 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

MET オペラ 【ドン・ジョバンニ】 を見ました!
2016年12月4日(日)

 今朝は、中洲大洋で上映が始まった
MET オペラ・ビューイングでモーツァルトのオペラ【ドン・ジョバンニ】を見ました!


写真は、中洲大洋に掲示されているパネル(ピンぼけですけど)











*****************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 は、
 ESTA温泉入浴のみ!
 

 歩数計 : 5,400 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************





テーマ:オペラ - ジャンル:音楽

Kバレエ カムパニー 映画版【眠りの森の美女】を見る!
2016年11月26日(土)

今日から来週の金曜日迄の期間限定で上映中の
映画版【眠りの森の美女】を見た!




オーロラ姫は中村祥子さん

王子は遅沢佑介さん

初めて通しで見た気がします!

第一幕は、オーロラ姫の誕生祝賀会

第二幕は、16年後の誕生日。
オーロラ姫は悪魔の毒針で、殺され掛けるが、リラの精の魔法で100年の眠りに。
100年後、リラの精に導かれたフロリムント王子に助けられます。

第三幕は、姫と王子の結婚披露宴。
ここは、バレエそのものを魅せる場面。

童話の『長靴を履いた猫』とか『赤ずきん』とか『青い鳥』
とかが次々に出てきて『グラン・パ・ド・ドゥ』を魅せます。

最後に、オーロラ姫とフロリムント王子の『グラン・パ・ド・ドゥ』で大団円。

フィナーレの総踊りで終わりました。

以下はキャスト表





*****************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 は・・・ 行かず (-_-;)
 

 歩数計 : 5,100 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************



テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

MET Live 【Tristan Und Isolde】 を見る!
2016年11月12日(土)

 中洲大洋で、映画版オペラ MET Live Viewing
R Wagner の 【Tristan Und Isolde】を見ました!

以下の画像は、中洲大洋内に掲示されていた本作の宣伝用写真。




















 本作は、Live Viewing 第100作 の記念すべき公演で、
今シーズンの開幕を飾る新演出の力作!

 その上、133年の歴史を誇るメトロポリタン歌劇場が
現地リンカーンセンターに移築されて50年の節目の年
とのこと。

上映時間、休憩二回とインタビューなども含め5時間超!

朝10時に始まり、終わったのは午後3時15分

 映像プロジェクションを多用していますが、ちょっと辟易気味!

大筋を知っているせいか
度々うとうとと・・・



*****************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動は・・・なし

 歩数計 : 5,100 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


テーマ:オペラ - ジャンル:音楽

【福岡インターナショナル・バレエ・フェスティバル】  アクロス福岡にて
2016年7月27日(水)

 今夜、アクロス福岡にて【福岡インターナショナル・バレエ・フェスティバル】 が開催されました。

  FIBF_Gala-concert_2016_Front.jpg

 福岡出身のバレリーナ(女性) や バレリーノ(男性) を 中心に
 海外から招いたゲストと一緒に披露するというイベントです。

福岡インターナショナルバレエフェスティバル
  「Gala Concert / ガラコンサート」
  2016年7月27日(水)
  福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)


  FIBF_Gala-concert_2016_Back.jpg

 第一部(前半)は、『クラシック』 と 『コンテンポラリー』 を交互に披露していました。
 しかし、『コンテンポラリー』 も いわゆる 超モダン(前衛的?)なものではなくて、
クラシック的要素の強い振り付けになっていました。

 30分の休憩のあと、第二部(後半)は、 『コンテンポラリー』 中心でしたが、
最後は、定番の『クラシック』 の グラン・パ・ド・ドゥ で締め括りました。

 19時00分から21時40分過ぎ迄、たっぷり楽しめました!





明日は、引き続き北九州で開催されるとのこと。




2016年7月28日(木)北九州芸術劇場 大ホール
18:30開場 / 19:00開演






******************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 の運動はなし。

 歩数計 : 4,300 歩




音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  

...read more テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

福岡インターナショナルバレエフェスティバル
2016年7月21日(木)

【福岡インターナショナルバレエフェスティバル】
   が、7月27日(水) に福岡市内のアクロス福岡の 
   シンフォニーホールで開催されるとのこと。


Int_Ballet_WorkShop-01.jpg

 その後、このイベント関連の 【Work Shop】 が 『三ノ上万由美バレエスタジオ』
 にて行われるようです。 会場は、JR吉塚駅から徒歩5分ほどの処。
 

この夏、またバレエのステップアップをしよう〜♪

バレエと合わせコンテンポラリーも受けることでもっとダイナミックなダンサーに!

7月30日~8月1日

 三ノ上万由美バレエスタジオ


 この夏福岡で開催する、世界で活躍するダンサーと振付家を集めたワークショップ。
バレエクラスに加え特別ヴァリエーションクラス、コンテンポラリークラスも開催します!
バレエクラス、特別クラスの講師はノルウェー国立バレエ団のプリンシパルであり、世界各国で客演、指導をこなすヨエルカレーニョ、ジョージア国立バレエ団のダンサーであり、的確な指導に定評のあるウィルプラットと元バレエフィリピンのプリンシパル、香港バレエのソリスト、米国バレエMETにて踊るカンディスアデア、そしてコンテンポラリークラスはオランダ国立バレエでダンサーそして振付家としても活躍し、映像作品も発表するなど幅広い活躍を見せるピーターラングが務めます。

クラスはプロのピアニストによる生演奏によるもので、通訳付きで行われます。
この機会を是非お見逃しなく!

詳細は http://www.fibf.org/workshop-fukuoka/ まで!

⟪会場⟫
「三ノ上万由美バレエスタジオ」
〒812-0054 福岡県福岡市東区馬出1丁目24-38

⟪開催日⟫
2016年7月30日(土)・31日(日)・8月1日(月)の3日間


⟪募集クラス⟫(定員)
ジュニアAクラス(30名)8歳〜13歳くらい  : 受講料・21,000円
ジュニアBクラス(30名)13歳〜17歳くらい  : 受講料・24,000円
シニアクラス(30名)18歳以上  : 受講料・24,000円
特別レッスン(12名)  : 受講料・6,000円
3年以上のバレエ経験者
※ヴァリエーション、音楽持参 




   【ガラコンサート】

Int_Ballet_Foukoka-Top-01.jpg 

2016年7月27日(水) 福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)
  18:30開場 / 19:00開演



「ヴェニスの謝肉祭」よりサタネラのグラン・パ・ド・ドゥ
振付:マリウス・プティパ
槇美晴、ダウワ・デッカーズ


Different Futures
振付:カロヤン・ボヤジエフ
槇美晴、ダウワ・デッカーズ


「ドン・キ・ホーテ」よりグラン・パ・ド・ドゥ
振付:マリウス・プティパ
カンディス・アデア、アンドレス・エスタベス


「Of Heaven to Earth」より
振付:エドワード・リャン
カンディス・アデア、アンドレス・エスタベス


「グランパ・クラシック」よりグラン・パ・ド・ドゥ
振付:ヴィクトル・グゾフスキー
ヌッツァ・チェクラシビリ、高野陽年


「コッペリア」よりグラン・パ・ド・ドゥ
振付:アルテュール・サン・レオン
武藤万知、フランク・ファン・トンガレン


ロミオとジュリエットよりパ・ド・ドゥ
振付:ケネス・マクミラン
佐久間奈緒、厚地康雄


「二羽の鳩」よりパ・ド・ドゥ
振付:フレデリック・アシュトン
佐久間奈緒、厚地康雄


「エスメラルダ」よりダイアナとアクティオン
振付:マリウス・プティパ
ソーニャ・ヴィノグラッド、ヨエル・カレーニョ


Elegie
振付:ライモンド・レベック
ソーニャ・ヴィノグラッド、ヨエル・カレーニョ


「Die Verlorene Seele」失われた魂
振付:河津由佳
デミアン・ナザバル


「Promenade Sentimentale」より
振付:リアム・スカーレット
中村祥子、遅沢佑介


Ne me quitte pas
振付: ホラツ・ケレッケシュ
青柳理恵


Amor Vincit Omnia
振付:ピーター・ラング
坂本莉穂、マシュー・パウリキ・シンクレア


「道」より
振付:ジャンルカ・シアヴォニ
フランク・ファン・トンガレン



Int_Ballet_Foukoka-01.jpg


******************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 の運動は無し

 歩数計 : 1,700 歩




音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

【プリンシパル W昇格 おめでとうございます!】 英国ロイヤル・バレエ団
2016年6月14日(火)

 NHKニュースをはじめ、各メディアの報道によると、英国ロイヤル・バレエ団の
最高位・プリンシパル に日本人男女が『W昇格』したとのこと。

 そのお二人は、平野亮一さん(32) と 高田茜さん(26)。


     Royal-Ballet_Akane Takada and Ryoichi Hirano (M)

        W昇格 おめでとうございます!

 同団のプリンシパルは、吉田都さんと熊川哲也さんが務めていたことがある
  とのこと。

英ロイヤル・バレエ団、日本人2人が最高位に
 読売新聞 - 2016年6月11日(土)9時6分配信


英ロイヤルバレエ 平野さんと高田さんが最高位プリンシパルに昇格
 スポニチアネックス - 2016年 6月12日(日)7時1分配信


最高位の日本人2人、監督が「並外れた才能」
読売新聞 - 2016年06月11日 10時35分


英国ロイヤル・バレエ団 平野亮一・高田茜プリンシパル昇進
 日本舞台芸術振興会 - 2016/06/11
 


******************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動は・・・なし
 
 歩数計 : 2,300 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  

...read more テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

MET LIVE 今シーズン最終放映 R・シュトラウスの 【エレクトラ】
2016年6月6日(月)

 昨日、マーラーの【復活】 を聴く前に、
  中洲大洋劇場で、MET LIVE Viewing 今シーズン最終放映
   リヒャルト・シュトラウスのオペラ 【エレクトラ】 を見ました。

MetLive_Elektra-img_2.jpg

 ギリシャ悲劇がベースのオペラのようで、途中休憩なしの1時間55分。

 蜷川芝居で言えば 【オレステス】 に対応するもののようです。

 全く救いの無いドラマです。

 先王・アムガメノンから権力を奪取しようとした男・エギストが王の妻と
ねんごろに成り、入浴中の無防備なアムガメノンを斧で斬殺。

 娘・エレクトラと、その弟・オレストらによる『復讐劇』と云う、良く有る展開。

 指揮者・サロネンの解説によれば、公演時間は長くは無いが、
音楽の密度は極めて高く(緻密で)また、編成もワーグナーを超えて
オペラ史上最大のオーケストラ編成だとのこと。

  公式サイトより

R・シュトラウス《エレクトラ》 ※5/12更新

第10作 R・シュトラウス《エレクトラ》新演出              
上映期間:6月4日(土)~6月10日(金)
指揮:エサ=ペッカ・サロネン 
演出:パトリス・シェロー
出演:ニーナ・ステンメ(エレクトラ)、ヴァルトラウト・マイヤー(クリュソテミス)、
    エイドリアン・ピエチョンカ(クリュテムネストラ)、
    ブルクハルト・ウルリヒ(エギスト)、エリック・オーウェンズ(オレスト)
MET上演日:2016年4月30日 上映時間:1時間57分 

【作者・出演者など】
 母とその愛人に殺された父の復讐を誓う姉弟の壮絶な闘い!
 ギリシャ悲劇の傑作を、ホーフマンスタールとR・シュトラウスがオペラへと昇華させた衝撃作!
 天才P・シェローの遺作となった名演出が、METの舞台へ進出する。
 本作に最高の適性を発揮するE=P・サロネンの指揮のもと、名ドラマティック・ソプラノN・ステンメ、圧倒的な歌唱力と表現力で君臨するW・マイヤーら選り抜きの歌手陣が、シュトラウスの凄絶な音楽を研ぎ上げる!

【STORY】
 神話の時代のミケーネ王国。
 父のミケーネ王アガメムノンを母のクリテムネストラとその愛人エギストに殺された王女エレクトラは、復讐を心に誓っているが、頼みの弟オレストは追放され、行方が知れない。
 罪の意識に怯えるクリテムネストラは、悩みを解決してほしいとエレクトラに訴えるが、突き放される。
 その時オレストの死が伝えられ、絶望したエレクトラは一人で復讐を果たそうと決意する。だが、オレストは生きていた。
 再会した姉弟はみごとに復讐を遂げるが・・・。





******************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動はなし

 
 歩数計 : 7,400 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

こちらは劇団四季ではなくバレエの【アラジン】新国立劇場にて
2016年5月27日(金)

今日の西日本新聞から写メ送信!

 新国立劇場で、バレエ公演【アラジン】が再演 されるもよう!







******************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動は・・・
 
 エスタ温泉に入浴。 サウナも
 
 歩数計 : 3,800 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  


テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

METライブ  ドニゼッティの【ロベルト・デヴェリュー】を見ました
2016年5月22日(日)

 今日は朝10:00から、中洲大洋にてMET LIVE を鑑賞。

 ドニゼッティの 【ロベルト・デヴェリュー】

 MET初演と言うくらいだから、当然私も初見!

 『W・三角関係』のありきたりのストーリーだが、その内の一人が
英国の初代・エリザベス女王 と言う処がスキャンダラス!

 タイトル・ロールの「ロベルト・デヴェリュー」は、英国軍の隊長。

    役名: エリザベッタ(左) ・ ロベルト・デヴェリュー(右) 
Roberto_Devereux_06.jpg
    配役: ソンドラ・ラドヴァノフスキー(左)・マシュー・ポレンザーニ(右)

エリザベス女王は、彼を寵愛しているが、彼は親友・ノッティンガム公爵の妻
サラと相思相愛(話しの展開では肉体関係までには至っていないらしい)。

    役名: ロベルト・デヴェリュー(左) ・ サラ(右)
Roberto_Devereux_03.jpg
    配役: マシュー・ポレンザーニ(左)・エリーナ・ガランチャ(右)
    

 「ロベルト・デヴェリュー」を巡る 『W・三角関係』という話し。

 舞台装置の大きな転換は無く、この装置の扉が開閉したりするだけ。

Roberto_Devereux_05.jpg

 サラを演じるエリーナ・ガランチャは、最初の一声で判るほど上手い!
如何にもメゾ・ソプラノと云う声質だが、アルトのような太い声から
ソプラノのような澄み切った高い声まで自在にこなす!

    役名: サラ(左) ・ ノッティンガム公爵(右)
Roberto_Devereux_08.jpg
    配役: エリーナ・ガランチャ(左)・マリウシュ・クヴィエチェン(右)



 老いた(69才の役柄とか)エリザベス女王を演じるソンドラ・ラドヴァノフスキーも
消え入るようなpp(ピアニッシモ)でのハイトーン(超高音)から、迫力あるハイトーン
まで自在に使い分ける凄技!
 その上、恐ろしい表現では、コントラルトのような太く重い声も自在!



 老けメイクだが、実年齢は他の主役たちと同年輩(47歳)とのこと。
Sondra Radvanovsky
      Sondra Radvanovsky

 男声陣も上手いのだが、この女声陣二人に圧倒されている!

     ***************

【関連記事】

《ロベルト・デヴェリュー》ニューヨーク現地評のご紹介
 MET LIVE 公式サイト - 2016年5月9日月曜日


ヨーロッパ史上最も有名な女王の悲劇を超名舞台で!《ロベルト・デヴェリュー》みどころ
 MET LIVE 公式サイト:加藤浩子(音楽評論家) - 5月12日


ドニゼッティ《ロベルト・デヴェリュー》視聴
 MET LIVE 公式サイト - 2016年5月13日金曜日


   MET LIVE 公式サイトによる作品紹介

ドニゼッティ作曲 【ロベルト・デヴェリュー】
  (Donizetti : 原題:Roberto Devereux)


上映期間:2016年5月21日(土)〜5月27日(金)

指揮:マウリツィオ・ベニーニ 
演出:デイヴィッド・マクヴィカー
出演:ソンドラ・ラドヴァノフスキー、エリーナ・ガランチャ、
    マシュー・ポレンザーニ、マリウシュ・クヴィエチェン
上映時間
:3時間4分(休憩1回)
[ MET上演日 2016年4月16日 ]
言語:イタリア語

【ストーリー】
 反逆罪に問われた若い恋人は、密かに人妻と愛し合っていた!
嫉妬する老女王エリザベスの復讐とは?
 英国史上もっとも有名な女王の悲恋を音楽化した傑作が、堂々のMET初演!《アンナ・ボレーナ》、《マリア・ストゥアルダ》に続く「チューダー朝女王三部作」の完結編だ。
 大型ソプラノS・ラドヴァノフスキー、花形メゾのE・ガランチャと贅沢なキャストはさすがMET。
 三部作全てを手がけるD・マクヴィカーのスタイリッシュな演出も楽しみだ。

 16世紀のロンドン。
 女王エリザベス(オペラではエリザベッタ)は、アイルランドの反乱を鎮めるために恋人ロベルト・デヴェリューを派遣するが、デヴェリューは命令に反して反乱軍と和解し、反逆罪で捕らえられてしまう。
 エリザベスは彼を助けようとするが、デヴェリューは以前の恋人で、女王の命令でノッティンガム公爵に嫁いだサラとよりを戻していた。
 2人はこのままでは危険だと別れを決意するが、恋人の心変わりを知った女王は激怒し・・・。 





     *********
 
こちらは、MET LIVE の後はいつも来る 中洲大洋すぐ横の 「利花苑」




 で食べた 今日の昼御飯 「キーマカレー」



     肉の出自を示す、 「利花苑」 入り口手前の掲示


   確認してから、ここで食べるかどうか判断できて良心的。


******************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動は・・・ 無し
 エスタ温泉に入浴。
 
 歩数計 : 9,100 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  

...read more テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

MET OPERA プッチーニ 【マノン・レスコー】 を見る
2016年4月3日(日)

 昨日から上映されている MET LIVE Viewing
   【マノン・レスコー】 を『中洲大洋劇場』で見ました。

ML_6462a.jpg

 ストーリーも 楽曲メロディも 初聴きのようでした。

 昨夜、寝不足ではないはずですが、度々ウトウト。

 自ら美人と自覚している18才の美女(マノン・レスコー)に
一目ぼれして翻弄される男とマノンを愛人として囲っている
(幕間のインタビューで "Kept Woman" と言ってました!)
色ボケの金持ち老人との三角関係・・・

 時代をナチス占領下のフランスに移動しての新演出。

 その美女を演じる クリスティーヌ・オポライス は、
オペラ歌手とは思えぬ「美魔女」!
 スタイルも良く、歌も超絶上手い! ピッタリの役。

 幕間のインタビューで、結構早口で話しているんですが、
ほとんど聞き取れました。 字幕より雰囲気が理解できたりして・・・


  クリスティーヌ・オポライス、ロベルト・アラーニャ (リハーサルより)

   公式サイトによる作品紹介 

プッチーニ 【マノン・レスコー】
 原題:Manon Lescaut ; Puccini

 上映期間:2016年4月2日(土)〜4月8日(金)

指揮:ファビオ・ルイージ 
演出:リチャード・エア (新演出)
出演:
 役  名  :  配  役
マノン・レスコー : クリスティーヌ・オポライス、
デ・グリュー : ロベルト・アラーニャ、
レスコーの兄 : マッシモ・カヴァレッティ、
色欲の老人 : ブリンドリー・シェラット
上映時間:3時間16分(休憩2回)[ MET上演日 2016年3月5日 ]
言語:イタリア語

【あらすじ】
 自堕落な美少女マノンに振り回される青年デ・グリューの破滅的な恋!〈ひとり寂しく〉など情熱的な音楽が迸るプッチーニの出世作を、旬のスターたちが熱演!美貌と美声を兼ね備えたプッチーニ歌いK・オポライスのマノンと、本役に初挑戦するスター・テノール R・アラーニャ扮するデ・グリューの恋の逃避行は必見!ヒット作を連発するR・エアの新演出、絶好調のMET首席指揮者F・ルイージの指揮と、全てが揃った期待のニュープロダクションだ。
18世紀(本演出では1940年代)のフランス、アミアンとパリ。修道院へ入るために旅していた美少女マノンは、アミアンの町で青年デ・グリューと恋に落ち、駆け落ちする。だが贅沢好きのマノンは、デ・グリューとの貧乏暮らしに耐えられなかった。裕福な貴族ジェロンテの庇護を得て豊かな生活を送るマノンのもとに現れたデ・グリューは、自分とともに来るようマノンを説得し、彼女も同意するが、そこへジェロンテが踏み込んで・・・。 



  公式サイトの詳細解説

******************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 の運動は・・・ なし

 歩数計 : 4600 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  
...read more テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

MET-LIVE 【TURANDOT】 を中洲大洋で観る!
2016年2月28日(日)

 いつもは、土曜日に観る 【MET-LIVE】を今回は他の日程との関係で
今日(日曜日)に観ました。

Turandot_Met Opera
         (画像は公式サイトより)

 演目は、イタリアのプッチーニ最後の壮大なオペラ 
   TURANDOT Pucchini  

 いつものことなのですが、やはり 『リュー』 に対する拍手と歓声が主役よりも凄い!

 メロディーも美しいし、長く続くアリアを朗々と歌い上げるので聴衆もウットリ!

Turandot_Ryuh.jpg

 その 『リュー』 を演じたのは、アニータ・ハーティッグ
 美しく儚い役どころを巧みに演じていました。 美貌の点では主役が相応しいかも。

 ゼフィレッリの演出は30年前のままだそうですが、豪華絢爛なものです。

Turandot_Metropolitan Opera


 第二幕で、宮殿の中への転換シーンでは、METの客席から大きな拍手が・・・

    MET-LIVE 【TURANDOT】 公式サイト



METでしか味わえない豪華な舞台!《トゥーランドット》みどころ
 公式サイトより 2016年2月17日水曜日


指揮:パオロ・カリニャーニ 
演出:フランコ・ゼフィレッリ
出演:ニーナ・ステンメ(トゥーランドット)、
    アニータ・ハーティッグ(リュー)、
    マルコ・ベルティ(カラフ)、
    アレクサンダー・ツィムバリュク(ティムール)
上映時間:3時間16分(休憩2回)
[ MET上演日 2016年1月30日 ]
言語:イタリア語

【あらすじ】
流浪の王子の熱い愛が「氷の姫君」の心を溶かす!壮大なスケール感と涙を誘う名旋律が同居するプッチーニの遺作。巨匠ゼフィレッリが演出したMET屈指のスペクタクルな舞台を、映画館の大スクリーンで堪能!王子カラフの大人気アリア〈誰も寝てはならぬ〉に酔い、女奴隷リューの辞世のアリア〈氷のような姫君の心も〉に涙する快楽はオペラならでは。当代一のトゥーランドット歌いN・ステンメら粒ぞろいのキャストも見(聴き)逃せない。
伝説の時代の古代中国、北京。皇帝の姫君トゥーランドットは絶世の美女として知られているが、求婚者に謎をかけ、解けないと殺してしまう残酷な姫君でもあった。国が滅んで流浪していたダッタン国の王子カラフは、辿り着いた北京の町で、生き別れになっていた父ティムールと再会する。喜びもつかの間、トゥーランドットを一目見て恋に落ちたカラフは、ティムールとお付きの女奴隷リューの制止もきかずに謎に挑戦するが・・・。





******************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 は、
 入浴(サウナも)のみ!

 歩数計 : 4600 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

佐藤しのぶ主演 オペラ 【夕鶴】 をアクロス福岡で鑑賞
2016年2月18日(木)

 佐藤しのぶ 主演 オペラ 【夕鶴】 を

 アクロス福岡  シンフォニーホール で見ました。

 中央に「回り舞台」が設えられていました。

 アクロス福岡の舞台には「大迫り」 などは無かったのに、
この「回り舞台」は、斜めになったり、平面になったり両サイドだけが
上がったりと、不思議な変形をしています。

 最大時はおよそ80cmほど片側が上がった傾斜床状態に。
当然、その傾斜したまま回転するので、それなりの演出が・・・

 その他には、横移動する数枚のパネルが設けられていました。

 それに、プロジェクション・マッピングのような背景を写して、
舞台転換を図っています。
    (美術:千住博, 演出:市川右近)

 衣装は、伝統的なものではなく、現代的普段着のような感じ。
ハッキリ言って中途半端この上ない衣装に思えました。
    (衣装デザイン:森英恵)

 佐藤しのぶ さんは、最初ちょっと不調のようで ・・・

 段々と良くなり、それなりの歌唱でしたが、ビブラートが凄く
ちょっと気になるレベルでした。




 以下の画像は、カーテンコールの模様!





 管弦楽は、地元の九州交響楽団。 指揮者は現田茂夫。

 團伊玖磨のメロディは、プッチーニの 【Tudandot】 ,の影響が色濃いものでした。




佐藤しのぶ 主演 オペラ 【夕鶴】 画像集へのリンク

佐藤しのぶ/オペラ「夕鶴」〈新演出〉 - インタビュー
 チケットぴあ - 2014年1月


大川 関家具 PRESENTS 佐藤しのぶ出演 オペラ「夕鶴」
 アクロス福岡 - 2016年02月18日(木) 18:30
 

日本オペラの代表作「夕鶴」。
佐藤しのぶの世界をご堪能ください。

つう:佐藤しのぶ(ソプラノ)
与ひょう:倉石 真(テノール)
運ず:原田 圭(バリトン)
惣ど:高橋啓三(バス・バリトン)

木下順二・原作 團伊玖磨・作曲
美術・千住博,演出・市川右近,衣装・森英恵
指揮・現田茂夫,管弦楽・九州交響楽団
児童合唱・ちくしの少年少女合唱団

会 場 福岡シンフォニーホール
入場料 【一般価格】
SS席14,000円 S席13,000円 A席11,000円 B席7,000円(学生3,500円)
【友の会価格】
SS席12,600円 S席11,700円 A席9,900円 B席6,300円(学生3,100円) 




******************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 へは行かず!

 歩数計 : 5100 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

MET OPERA ビゼー 【真珠採り】 を見る
2016年2月8日(月)

 おとといから上映が始った
  MET OPERA ビゼー 【真珠採り】
   (原題:Les Pecheurs de Perles)

     を昨日(2/7)中洲太洋劇場で観ました。

 どうやら、初見のようです。

 相変わらずの 『恋の三角関係』 がメインテーマ。
 ロマン派オペラは殆どこればっかし! (#^.^#)

Perles_img_6.jpg

 METでは百年ぶりに上演する新演出と云うことで、変わった処といえば
全く唐突に、ノート・パソコンとテレビがある事務所風の場面があること。
Perles_img_4.jpg
   (判りにくいが左側のデスクの上にパソコン。 右奥のテーブルの上にテレビ)

全体の流れの中で、このノート・パソコンとテレビは全く無用のものであり、
演出上パソコンを触ったりもせずに、ただ置いてあるだけ。
テレビには一瞬、大津波の後の東北沿岸ではないか?
と思わせる映像が流れるが・・・

Perles_img_7.jpg

 そう云えば、ビゼーの原案にあるのかどうか判らないが、第2幕の冒頭に
大津波が襲い来る映像(と言っても実写ではなくCGらしい)が結構長時間
流される (実はその背後で大掛かりな舞台転換が行われている)。
 東日本大震災の大津波に遇われた被災者の皆様には厳しい映像かも。

 ヒロインは、ディアナ・ダムラウ。
Perles_img_1.jpg

 コロラトゥーラ・ソプラノ的な歌い方もできるが

        先行映像 ディアナ・ダムラウ 〈ブラマの神よ〉(リハーサルより)

 劇的な歌い方も充分。

        〈第三幕 二重唱〉(リハーサルより)

 あの『真珠採りのタンゴ』で有名なアリア 【耳に残るは君の歌声】 は、
 ヒロインではなくて相手役の《ナディール》(マシュー・ポレンザーニ)が唄う。

   先行映像 マシュー・ポレンザーニ 〈耳に残るは君の歌声〉(リハーサルより)

ビゼー《真珠採り》

 神秘の巫女を愛した2人の海の男の友情と葛藤!

 24歳のビゼーが書いた処女オペラが、1世紀ぶりにMETの舞台に蘇る!

 男2人の〈友情の二重唱〉、愛の想い出を歌う〈耳に残るは君の歌声〉など名旋律の数々は、天才ビゼーの本領発揮。

 最高の人気と実力を誇るD・ダムラウ演じるヒロインを、M・ポレンザーニ、M・クヴィエチェンの人気スターが奪い合う。「海」の香り漂うP・ウールコックのプロダクションで、異国オペラの名作を。

 未開の時代のセイロン島。真珠採りの頭領に選ばれたズルガは、かつて巫女レイラを争い、彼女を諦めると誓って森に逃れた旧友のナディールを再び仲間に迎え入れる。だがナディールとレイラは未だに愛し合っていた。祈りのため寺院に籠ったレイラのもとを訪れたナディールは、再び彼女と愛を確かめ合う。巫女としての禁を破って男性と通じたレイラはナディールともども捕らえられ、2人の裏切りを知ったズルガは彼らに死刑を言い渡すが・・・。

     ***********

MET LIVE 第5作 ビゼー《真珠採り》新演出 
上映期間:2月6日(土)~2月12日(金) 
指揮 : ジャナンドレア・ノセダ 
演出 : ペニー・ウールコック
出演 :
 ディアナ・ダムラウ(レイラ);ソプラノ、
 マシュー・ポレンザーニ(ナディール);テノール、
 マリウシュ・クヴィエチェン(ズルガ);バリトン、
 ニコラ・テステ(ヌーラバット);バス
MET上演日:2016年1月16日 上映時間:2時間35分
言語 : フランス語 




    ******************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 は
 アクアビクス : 30分 (リズム&ウォーキング)
 水泳レッスン : 30分 (バタフライ)
 水中歩行 : 200m
 入浴せず、シャワーのみ

 歩数計 : 2000 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽