観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



桜は葉桜 これは芙蓉?





2017年4月21日(金)

 会社のパーキング脇の『花壇』に咲いていた大輪の華!

 花の名前は知らないが、印象としては『芙蓉』でしょうか?

 その横には、ツツジが咲き始めたばかり!


映画 【母】を見る!


2017年4月20日(木)

 知り合いが、上映会成功に向けて奮闘している
映画【母】を福岡中央市民センターで見てきました!
18時30分開会。主催者挨拶などのあと、2時間程の上映でした。

 夜の部は、幾らか空席がありましたが、昼の部は超満員だったとのこと!

 見応えのある映画でした。

 映画のテーマは、戦争に突き進む国家とこれに抵抗する市民の行動。

 言論・集会・出版の自由もテーマであり、
今、まさに国会で論議されている『共謀罪』にも関わるものです。

 それに関する、日刊スポーツのコラム【政界地獄耳】の記事を参考までに!




宝塚音楽学校の教育時間割り 日刊スポーツに掲載



2017年4月19日(水)

 部外者には、あまり知られていない宝塚音楽学校の教育時間割りが
日刊スポーツのコラム記事として掲載されていました!

 これは、創業者・小林一三の四代目の子孫が宝塚音楽学校に入学した
と言うニュースの一環として掲載されたもの!



福岡の桜は既に葉桜!






2017年4月19日(水)

 この二・三にちの風雨と暖かさで福岡の桜〓は、既に葉桜。

 とは言え、一斉に若葉が吹き出して結構綺麗!



福岡市民劇場例会 【島】 を観る!



2017年4月16日(日)

 演劇団体『青年劇場』による広島が舞台の演劇
【島】を観ました!

 1950年頃の広島市に近い島が舞台になっています。

 当然、原爆が中心のテーマですが、その頃起こった
【朝鮮戦争】も大きなテーマとなっています。

 劇中では、アメリカが北朝鮮に原爆を落とそうとしていると言う
ここ数日の北朝鮮情勢とぴったりと符合するものでした。

 朝鮮戦争後に、進駐軍で働いていた多くの人たちが、
人員整理に有ったエピソードも出てきました。

 年配の教師が白い目で見られながらも『教育勅語』を朗唱する姿も…

 全てのエピソードが、極めて現在にリンクしたものでした。



映画【うさぎ追いし】山極勝三郎物語 を見ました!

2017年2月6日(月)

 昨日の夜からインフルエンザのような感じの症状が出て、
同僚に染してもいけないので会社を休みました。

 さて、先日の土曜日に中洲大洋で見た映画【うさぎ追いし】山極勝三郎物語 のレビューです。

 ノーベル医学賞候補にノミネートされながらも惜しくも逃した、
山極勝三郎のドキュメンタリー的なドラマでした。

 当然のことながら、この映画を見る迄は、山極勝三郎さんを知りませんでした。

 癌の研究家にとっては、忘れられぬ先人なのでしょう。

 結核を患いながら生涯を癌の研究に没頭した研究者でした。

 映画的には、大学生から二十歳前後の若き時代も年配の遠藤憲一が
演じているのに相当な違和感がありました。

 せっかく高校生までは若手俳優が演じているのに。

 演劇なら年配の俳優が若者を演じることは有り得ますが。

 海外留学から帰って来た時点で俳優を入れ換えれば良かった。

 マイナーな映画につき観客五人ほどの淋しい入り!


映画【天使にショパンの歌声を】を見ました!










2017年2月5日(日)

 今日は朝ゆったり寝て、午後からKBCシネマに行き
映画【天使にショパンの歌声を!】を見ました!

 原題をそのまま和訳すると、
『オーグスティーヌの情熱』

 オーグスティーヌとは、この映画の主役の修道女の名前!

 この映画でも救世主・キリストは、何の救いの手も差しのべてくれません。

 音楽映画としては良くできていました!

 コンクールを目指している少女たちは、本当にピアノを弾きこなしていました!

 音は、別入れかも知れませんが・・・

 日本の映画やドラマ(例えば、『カルテット』)が、
売れ筋俳優を使うことを優先して、演奏技術は適当
と言うのと随分違います。

 演奏技術も含めてオーディションで選べば、
もっと多くの新進気鋭の人材が発掘されるであろうに!


MET OPERA 【ナブッコ】 若きヴェルディのオペラを観る!


2017年2月4日(土)

 今日も朝から、中洲大洋で、MET OPERA LiveViewing で
ヴェルディが28才の時に作曲したと言う
オペラ【ナブッコ】を観ました。

舞台は、旧約聖書の時代のバビロンとヘブライが宗教戦争を戦う時代。

キリスト教を知らない私には良く解らないストーリーでした。

お互いに『敵を皆殺しにせよ!』と為政者が命じる世の中。



豪華旅客船でも旅客機でも挫折した三菱重工グループ






2017年2月3日(金)




隠れキリシタンの歌うオラショ 『ぐるりよーざ』続き






2017年2月2日(木)

 西日本新聞では昨日に続いて
隠れキリシタンの歌うオラショ 『ぐるりよーざ』の後編

隠れキリシタンの『オラショ』が映画【沈黙】に引用された!






2017年2月1日(水)